歯周科

診療科長より

歯周科とは,「人材育成,社会に役立つ研究,SoLAを目指す臨床」そんな想いで活躍している診療科です。SoLA,それはソフトランディング・エイジングです。80歳で20本の歯という8020の達成者が過半数という時代になりました。人生90年を見据えた健康長寿を達成するために,細菌との相利共生の生活と,命の終末ではなく生涯の終わりという終生の考えで,ゆったりと加齢を楽しみませんか? アンチ・エイジングで悩まず,SoLAで自然に加齢を重ねる生活スタイルを提案します。

高柴正悟

歯周科長高柴 正悟

対象疾患について

歯,歯髄組織,歯周組織に生じた炎症性・非炎症性病変,すなわち,歯周病・歯肉増殖症,歯髄炎・根尖性歯周炎,う蝕を対象として,歯周病治療,歯内(根管)治療,う蝕(むし歯)治療を行っています。特に歯周病では,以下の診断と治療を行います。

  • 歯肉炎(プラーク性・非プラーク性歯肉炎,歯肉増殖,妊娠性歯肉炎)
  • 慢性歯周炎(咬合性外傷,喫煙関連歯周炎を含む)
  • 全身疾患関連歯周炎(糖尿病,心臓病,関節リウマチ,白血病,AIDSなど)
  • 侵襲性歯周炎(若年期に急速に歯周組織が破壊する歯周炎):センターを参照
  • 遺伝疾患に伴う歯周炎(家族性周期性好中球減少症,Down症候群,Papillon-Lefèvre症候群など)
  • 壊死性潰瘍性歯肉炎・歯周炎
  • 口腔感染(臓器移植・がん(免疫力低下状態)や糖尿病):センターを参照

これらは,口腔内の感染・慢性炎症の除去と病態の改善を基本としており,口腔機能の回復をめざします。

診療内容と特色について

歯周科では,歯周・歯内疾患など硬組織である歯の周囲の病気を対象とした診断・治療を行っています。特に,口の中の細菌感染と炎症への対策に関して,患者さんに専門性の高い高度な医療を提供しています。また,日本歯周病学会および日本歯科保存学会の認定研修施設として,専門性の高い医療水準を保ち,患者さん個人個人の病態に沿った治療を行っています。
目的:口の健康から全身の健康に寄与すること
治療方針:根本的治療によって口腔内の感染源除去と機能回復を図り,治療後の口の機能を長期的に維持できるように歯周支援治療を継続します。
注意点:生活習慣病のひとつである歯周病の治療期間は,長期間(年単位)に渡ります。
配慮点:主治医から治療方針・計画について十分説明を受けていただき,納得・同意を得た後に治療を開始します。

診療科より患者の皆さまへ

ぜひ,診療科ホームページをご覧ください。様々な有用な情報が掲載されています。QRコードでもURLでもアクセス可能です。(http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~perio/bind2/clinic.html
基礎疾患がある場合や歯周病外科手術が広範囲にわたる場合には,中央手術室で手術を行っています。
もちろん,入院治療も可能です。 担当医にご相談ください。
QR

パンフレットダウンロードPDF