消化器内科

診療科長より

消化器・肝臓内科学教室は臓器別再編成により旧第一内科学教室から改称された教室です。消化管,肝臓,そして胆・膵の悪性疾患,ピロリ菌診療(専門外来),炎症性腸疾患,膵炎,胆管炎,そして肝炎,肝硬変などの疾患に代表される消化器病全領域を専門としており,質の高い診療に取り組んでおります。また当院のみならず関連病院,実地医家とも密接に連携し患者さんにとっての最善を努めております。

消化器内科長
(光学医療診療部長,
炎症性腸疾患センター長)
岡田 裕之

対象疾患について

○上部消化管:咽頭がん・食道がん・胃がん・消化管悪性リンパ腫・胃食道逆流症・ヘリコバクターピロリ感染症・食道静脈瘤・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・食道運動障害・食道アカラシア・機能性胃腸障害・好酸球性食道炎・感染性食道炎・消化管粘膜下腫瘍など ○下部消化管:大腸ポリープ・大腸がん・潰瘍性大腸炎・クローン病・腸管Behcet病・過敏性腸症候群・慢性便秘・虫垂炎・虫垂腫瘍・腸閉塞など ○小腸:小腸がん・小腸出血・蛋白漏出症候群・非特異性腸管潰瘍など ○肝臓:B型肝炎・C型肝炎・非アルコール性脂肪肝炎・劇症肝炎・肝細胞がん・自己免疫性肝疾患・薬剤性肝疾患・原発性胆汁性胆管炎・原発性硬化性胆管炎など ○胆・膵:膵がん,胆管がん,胆嚢がん・胆石症・胆道感染症・急性膵炎・慢性膵炎・膵内分泌腫瘍・十二指腸乳頭部腫瘍・自己免疫性膵炎など

診療内容と特色について

消化器内科は主に消化管疾患,肝疾患,膵・胆道疾患を専門分野としています。内視鏡診療については,対象疾患に対する精度の高い内視鏡診断のみならず,積極的な内視鏡治療を行っており,ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)はもとより,中四国地方で初めてPOEMを導入しました。ヘリコバクターピロリ感染症は専門外来を開設しており細菌学・病理学教室とも連携し診療しています。炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)については,炎症性腸疾患(IBD)センターを開設し,患者さんの病態に応じた専門的な最新治療が可能です。肝臓疾患については,B型肝炎,C型肝炎治療は治験段階から取り組み,常に最新の治療法の開発および施行に取り組んでいます。肝がんに対してもラジオ波焼灼療法を中心に,肝動柱療法や分子標的薬治療などの最新治療を取り入れながら最善を尽くしております。膵がん・胆道がんに対しては外科と協力しながら術前,術後を含む化学療法に積極的に取り組んでいます。また,胆管狭窄に対するステント留置や総胆管結石除去など内視鏡的治療も積極的に行っています。

診療科より患者の皆さまへ

・初診の方は月曜日から金曜日までの午前中に総合受付で受付をされた後,消化器内科外来を受診して頂けます。原則として紹介患者さんが対象です。総合患者支援センター(地域医療連携室)TEL(086)235-7205,FAX(086)235-6761を通じて事前予約をすることもできます。
・再来の方は次回の診療日・時間帯の予約が書かれた紙をお渡ししますので外来で提示してください。