高度救命救急センター

高度救命救急センター

活動内容・特色について

2011年10月に発足した救急・災害医療分野を担う中央診療部門である「3次救急センター」が岡山県の認可を受け,2012年4月1日より「高度救命救急センター」となりました。救急専門医・救急指導医を擁する救急科を中心に,各診療科からの救命救急センター専従医師を含め総勢15名(2018年4月現在)が在籍し,その他に歯科医師・薬剤師・臨床工学技士・理学療法士などが専従する救急医療施設です。
高度救命救急センターとは,救命救急センターのうち特に高度な診療機能を提供するものであり,多発外傷,広範囲熱傷,指肢切断,急性中毒等の特殊疾病患者に対する救急医療が提供される救急施設です。病院内外で発生する内因性疾患,外因性疾患の重症救急患者を受け入れ,特に他の医療機関・救命救急センターで対処できかねる高度で集学的治療が必要な患者に対して,24時間365日,可能な限り受け入れ体制を敷いて治療に当たる,いわば岡山県における救急医療の「最後の砦」に位置づけられます。