卒後臨床研修センター

卒後臨床研修センター

活動内容・特色について

平成16年度から医師臨床研修が,また平成18年度からは歯科医師臨床研修が必修化されました。卒後臨床研修センターでは,研修医及び研修歯科医の募集,ローテーションの決定,関連病院との連絡調整,プログラムの作成・提供等を行っています。
医科研修部門では,大学病院という高度医療が果たすべき役割を学ぶとともに,100を超える協力型病院と連携しプライマリケアにも重きを置いた研修を提供しています。初期研修だけでなく,レジデント研修の場としても各科コーディネーターの先生方と連絡を密にし,より良い研修を行えるようにしています。
歯科研修部門では,総合歯科診療研修を主体としすべての歯科系診療科で併行して研修を行っています。研修目的である患者さん中心の全人的医療に必要な基本的な診療能力が習得できるように,本院での単独型プログラムと外部協力型研修施設を含む複合型プログラムなどのプログラムを提供しています。