輸血部

輸血部長より

輸血部では,本院の輸血療法が安全かつ適正に行われるよう,輸血に関するすべての業務を行っています。手術での輸血,がん治療や貧血に伴う血球の補充,緊急現場での輸血など,いかなる場面でも安全な輸血が適正に行われるよう臨床検査技師による24時間体制で稼働しています。また,近年多様となった細胞治療にも厳重な管理体制で対応しています。
大塚 文男
 

活動内容・特色について

輸血部では,安全で適正な輸血療法のために,輸血に関連する検査(血液型など)のほか,自己血を含む血液製剤の一元的な保管管理,日赤製剤分割や同種クリオプレシピテート作製など,院内の輸血に関するすべての業務を行っています。また,骨髄移植・末梢血幹細胞移植・臍帯血移植・CAR-T療法など,細胞治療のための細胞採取や保管管理も行っています。
特に多くの血液製剤を使用する臓器移植や心臓血管外科手術等での輸血や,高度救命救急センターでの緊急輸血に対応するため,夜間・休日を問わず安全かつ迅速に輸血が行える体制を整備するだけでなく,岡山県の合同輸血療法委員会への参加等を通じ,地域の安全かつ適正な輸血療法の推進のための活動も行っています。
また,多種多様な造血幹細胞移植にも対応しており,今後も,中四国地区の細胞治療および輸血療法において中心的役割を担えるよう努めていきたいと考えています。