口腔顎顔面外科部門(旧 口腔外科〔病態系〕)

部門長より

口腔顎顔面外科部門は,口,顎,顔面に発生する疾患の外科的治療(手術)を行っている診療部門です。口腔外科の最後の砦として口腔がん,口腔腫瘍,顎変形症,顎関節疾患,顎顔面外傷の手術を専門的に行っています。

口腔顎顔面外科部門長伊原木 聰一郎

対象疾患について

  • 口腔腫瘍:口腔領域に発生する良性および悪性腫瘍(口腔がん)
  • 顎変形症:顎骨(あご)の変形による,咬合や顔のゆがみ
  • 顎関節疾患:顎関節症や顎関節脱臼(顎が外れる),顎関節強直症(顎の関節が癒合し口が開かない)
  • 顎顔面外傷:顎の骨折,顔面部や口腔軟組織の外傷
  • 嚢胞:顎や口腔軟組織にできる嚢胞
  • 唾液腺疾患:唾石,粘液嚢胞,唾液腺腫瘍
  • 口腔粘膜疾患:白板症,扁平苔癬,難治性口内炎など
  • 炎症:顎口腔領域の重症感染症

診療内容と特色について

  • 口腔がん
    口腔がんの診断・治療を行っています。集学的治療による治療成績の向上を目指しています。治療後の発音・咀嚼・嚥下などの機能障害や審美障害に対しては,関連診療科の協力により,再建手術や顎顔面補綴,摂食嚥下治療を行っています。
  • 顎骨再建と咬合再建
    カスタムメイド・チタンメッシュトレーと自家腸骨海綿骨骨髄細片を用いた顎骨再建およびインプラントを用いた咬合再建を行っています。カスタムメイド・チタンメッシュトレーは術前のCT画像から作製し,術前の顔貌を再現するようにしています。
  • 顎変形症
    矯正歯科医と連携して顎矯正手術を行っており,年間手術件数の多さは西日本地域有数です。また,顎の高度な変形に対しては,骨延長法を組み入れた先進的医療を行っています。
  • 習慣性顎関節脱臼と顎関節強直症
    習慣性顎関節脱臼と顎関節強直症に対して手術療法を行っています。特に顎関節症強直症に対しては,顎関節人工関節全置換術を行うための施設基準を満たしております。また顎関節手術ではナビゲーションシステム(車のカーナビのように,手術器具と手術部位の正確な位置情報を,リアルタイムに画像で表示するシステム)を用いて,安全な手術を行っています。
  • 顎骨骨折の内視鏡支援手術
    下顎骨関節突起骨折(基底部)の手術の際には,内視鏡を使用し整復固定しています。

診療科より患者の皆さまへ

診療時間は月曜から金曜日までの8時半から17時までです。初診の方は火曜日,木曜日,第2,4金曜日の午前11時までに受付してください。再診は原則として予約制となっております。口腔顎顔面外科部門の専門スタッフが診療を行っています。疾患に応じた診療チームで外来,入院診療を行います。なお安全な医療を行うために,外科手術(抜歯を含む)は,原則,手術時間の予約をとっていただいた上で行っていますので,ご理解をお願いいたします。

パンフレットダウンロードPDF