運動器疼痛性疾患治療研究センター

活動内容・特色について

運動器疼痛性疾患治療研究センター(Locomotive Pain Clinic and Research Center, 通称:運動器センター)はリウマチ性疾患,代謝性骨疾患,末梢神経障害,脊髄脊椎病などの運動器関連疾患に関する診療情報の共有化を図り,運動器疼痛性疾患に対し適切な治療を行うとともに,運動器疼痛性疾患に関する総合的な教育・研究の向上及び地域医療の充実と発展に貢献することを目的に発足した運動器センターです。運動器センターを支えるメンバーは整形外科・麻酔科・精神科・脳神経外科・歯科麻酔科の医師, 理学療法士・臨床心理士・薬剤師・看護師・ソーシャルワーカーといった痛みについて幅広い専門分野のメディカルスタッフであり, 横断的・集学的なチーム医療により治療方針を決定・実行します。各スタッフが連携しつつ患者治療,センター運営にあたり,患者さんにやさしい医療を届けるとともに,よりよい治療の開発につなげています。