矯正歯科

診療科長より

岡山大学病院矯正歯科は,「安全で確実な矯正歯科治療」を提供させていただくとともに,将来の矯正歯科治療を支える歯科医師の養成に取り組んでいます。そして,皆様が通いやすい明るい雰囲気の診療室で,親身になってお話を伺い,お応えすることのできる歯科医師,スタッフがお待ちしております。どうぞお気軽にご相談にお越しください。

上岡寛

矯正歯科長上岡 寛

対象疾患について

矯正治療の対象となる歯並びや噛み合わせには,叢生(乱ぐい歯)・上顎前突(出っ歯)・反対咬合(受け口)・開咬(上下の歯が噛んでいない)・空隙歯列(すきっ歯)などがあります。現在,ほとんどの患者さんの治療費は私費(保険適用外)となっていますが,顎変形症(あごの手術が必要)あるいは唇顎口蓋裂および厚生労働大臣が定める病気が原因で歯並びが悪い場合は,保険で治療が受けられます。[手続きの関係上,初診相談時は保険外診療(自費)となることがあります。]岡山大学病院では2009年より小児頭蓋顔面形成センターを設立し,多角的に症例を検討,合同手術等を実施しています。また,2015年より口唇裂・口蓋裂総合治療センターを設立し,口唇裂・口蓋裂患者に対して集学的一貫治療を行っております。

診療内容と特色について

矯正歯科治療は,歯を動かすことで最適なかみ合わせをつくり,成長のコントロールあるいは外科手術で顎を動かすことによって,口腔の安定した機能および美しい口もと・笑顔を獲得することを目的とします。岡山大学病院矯正歯科は,それらの治療を必要とされる小児から成人の方まで幅広い年齢層の患者の皆様を診させていただいております。大学病院の特徴を生かし,むし歯科・予防歯科・小児歯科・小児科・歯周科・補綴科・口腔外科・形成外科・脳神経外科など歯科のみならず医科とも連携した包括的な治療を行っております。
また,近年多様化する患者さんの要望に応えるため,誰にも気付かれずに矯正歯科治療を受けたい患者さんに対しては表から見えない矯正装置を用いたり,痛みに敏感な患者さんに対してはごく弱い力の矯正装置や材料を用いた治療も行っています。

診療科より患者の皆さまへ

社会の変遷によって矯正歯科治療に対するニーズも多様に変化します。当科では様々なご要望にお応えできるように他の歯科・医科とのチームアプローチ,先進医療の開発を行い,皆様のQOL(Quality of Life)向上に貢献できるよう日々研鑽を積んでおります。
相談のみをご希望の患者さん,再相談をご希望の患者さん,セカンドオピニオンとしての相談をご希望の患者さん,その他あらゆる要望に対応可能です。大学病院の全ての診療科では,原則的に初診対応は月曜日から金曜日の午前中(8時半〜12時)での受付となります。矯正歯科の相談もそれに準じておりますが,午後の受診で対応可能な場合がございます。受診前に一度ご連絡をいただけますとスムーズな対応が可能です。

パンフレットダウンロードPDF