整形外科

診療科長より

整形外科とは,軟骨,筋,靭帯,神経などの運動器疾病・外傷を対象とし,その病態の解明と治療法の開発及び診療を行う科です。
整形外科領域全般にわたって幅広く,最新の治療を行っています。外来では一般外来に加え,各専門医による特殊外来を設けています。患者さんの治療については各専門グループによるチーム医療を取り入れておりますが,すべての手術ならびに入院症例に対して,週2回のモーニングカンファレンスで全スタッフによる検討会を行っています。

尾﨑敏文

整形外科長尾﨑 敏文

対象疾患について

・骨軟部腫瘍:原発性の良性および悪性骨軟部腫瘍,転移性骨腫瘍など
・関節外科:変形性関節症,関節リウマチ,半月板・軟骨変性,大腿骨頭壊死,寛骨臼形成不全など
・脊椎脊髄外科:小児および成人の脊柱変形,脊髄腫瘍,靱帯骨化症,椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの脊椎変性疾患,脊椎外傷など
・小児整形:小児股関節脱臼,発育性股関節形成不全,先天性内反足,筋性斜頚,大腿骨寛骨臼インピンジメントなど
・スポーツ整形:肩・肘・膝・足のスポーツ外傷・障害,靱帯断裂,半月板損傷など
・上肢の外科:手の先天奇形,絞扼性末梢神経障害,関節リウマチによる障害,肩・手の腱断裂など
・外傷:四肢・骨盤骨折,脱臼,靱帯・腱断裂,偽関節,骨髄炎など
・足の外科:外反母趾,変形性足関節症,扁平足,足関節不安定症,距骨骨軟骨損傷など

診療内容と特色について

1. 骨軟部腫瘍:原発性骨軟部腫瘍,転移性骨腫瘍の治療(切除,再建など)
2. リウマチ関節外科:関節リウマチの生物学的製剤を含めた薬物治療の他,肩・肘・手関節・手指,膝・足関節の人工関節置換術や関節形成術,上肢の神経・腱の手術,鏡視下滑膜切除術など
3. 脊椎脊髄外科:一般的な脊椎疾患の他に,脊柱変形の矯正や脊髄腫瘍,症候性の脊椎疾患など高度な技術や先進的な機器,複数科の連携を必要とする疾患の治療を積極的に行っています
4. 小児整形外科:小児股関節脱臼の観血的整復術,内反足のギプス矯正とアキレス腱切腱術など
5. スポーツ整形:肩・肘・膝・足の関節鏡視下手術,靭帯再建,半月板修復など
6. 上肢の外科:機能再建を中心として手,肘だけでなく,肩関節に対する治療も行っております
7. 外傷:骨盤・寛骨臼骨折手術や関節内骨折手術などの難易度の高い外傷手術や難治性骨折の手術治療など
8. 足の外科:外反母趾や扁平足に対する変形矯正術,変形性足関節症に対する関節固定術・人工関節置換術など
9. リハビリテーション:運動器疾患,呼吸器疾患,循環器疾患,脳神経外科疾患などの疾患における機能回復

診療科より患者の皆さまへ

診察時間は原則として月曜,火曜,木曜の午前中です。初診の方は紹介状ならびに予約が必要となり,11時まで(できるだけ早い時間帯)に総合外来で受け付けをしていただいた後,整形外科を受診していただきます。