脳神経外科

診療科長より

脳神経外科は,脳・脊髄・末梢神経の疾患に対して外科的治療を中心に行う医療分野です。当科では脳腫瘍(良性・悪性),脳血管障害(脳卒中など),脊椎脊髄疾患,機能的脳神経外科(てんかん,パーキンソン病,三叉神経痛,顔面痙攣など),小児脳神経外科疾患(水頭症,頭蓋骨早期癒合症など)の全ての分野に,最先端の治療を安全・確実に行える体制を整えています。年間の手術件数は550〜600件で全国の国立大学病院の中でも屈指の数となっており,安心して治療を受けていただけます。

伊達勲

脳神経外科長伊達 勲

対象疾患について

岡山大学病院脳神経外科が得意としている分野
・脳動脈瘤,モヤモヤ病,脳動静脈奇形等,脳血管障害に対する直達術と血管内治療のバランスがとれた治療
・髄膜腫,神経鞘腫,下垂体腺腫,グリオーマ,悪性リンパ腫等,脳腫瘍に対する外科的治療と後療法
・脊椎変性疾患,脊髄腫瘍,脊髄血管障害,奇形・嚢胞性病変等,脊椎脊髄疾患に対する内科的・外科的治療
・てんかん,パーキンソン病,顔面けいれん,三叉神経痛等,機能的脳神経外科疾患に対する外科的治療
・水頭症,頭蓋骨形成異常,脊髄髄膜瘤等,小児脳神経外科疾患に対する外科的治療
・急性硬膜外血腫,急性/慢性硬膜下血腫等,外傷性疾患に対する外科的治療
☆脳神経外科は生命を救う手術から予防的手術,機能的手術まで広い範囲をカバーします。様々な疾患に対して,あらゆる分野の専門家が揃っており,保存的加療から高難度手術まで広く対応することができます。

診療内容と特色について

岡山大学病院脳神経外科では,あらゆる分野の専門家が揃っていて,広く深い治療を提供することができます。脳血管障害では,最先端のCT, MRI, DSA装置による画像診断が可能ですし,脳腫瘍では,高度な遺伝子診断が可能です。手術室では,手術用顕微鏡を用いた従来の脳神経外科手術から,近年著しい発展を遂げている神経内視鏡・外視鏡手術まで,積極的に取り組んでいます。術中MRIやナビゲーションシステム,各種モニタリング,血管内・血管外科治療を同時に行うハイブリッド手術が可能です。3Dモニタにより,手術室にいる全員が瞬時に情報共有できるので,より安全な手術を行うことが可能です。てんかんに対する外科治療や小児頭蓋顔面形成手術では関連各科と連携して最良の医療を提供します。不随意運動症に対する脳深部刺激療法,難治性疼痛に対する脊髄刺激療法,顔面けいれん・三叉神経痛に対する微小血管減圧術,脊椎固定術なども積極的に行っています。

診療科より患者の皆さまへ

岡山大学病院脳神経外科では,1人1人の患者さんの病態を正確に把握し,最良の医療を提供できるようソフト面・ハード面を充実させています。技術の高い人材で,最先端のテクノロジーを用いて,良い医療を提供するだけでなく,患者さんの治療方針を決定する際には,自分の家族と重ね合わせて考えていけるよう,日々スタッフは心・技・体を鍛錬しております。脳や脊髄の病気に苦しむ患者さんを1人でも多く助けていけるよう,これからも努力を重ねて参ります。一緒に良い人生を模索していけることを願っています。