肝疾患サポートチーム

肝疾患サポートチーム

活動内容・特色について

岡山大学病院は,岡山県の肝臓病診療の中核病院としての役割を担っています。岡山県肝疾患相談センターを中心に,多くの職種と連携して運営しており,肝疾患サポートチームは,医師,看護師,薬剤師,栄養士,臨床試験コーディネーター,医療事務などの様々な専門家で構成されています。抗ウイルス療法を受ける患者さんに薬剤師が服薬指導を行ったり,病棟や外来の診療などの共有ツールを使って円滑に継続的なサポートを提供したりしています。外来で医師の診察前に看護師が面談することで抗ウイルス療法を受けている患者さんに良い治療効果をもたらしています。