超音波診断センター

超音波診断センター

活動内容・特色について

超音波診断センターは,超音波診断装置を用いた様々な領域の画像診断を,各科の垣根を越えて集約的に行うことを目的として2011年2月に開設されました。各領域は,循環器部門(関連診療科:循環器内科・心臓血管外科・小児循環器科),消化器部門(関連診療科:消化器内科),表在部門(関連診療科:循環器内科・総合内科・神経内科・脳神経外科・腎臓内科・糖尿病内科・内分泌内科・乳腺外科・整形外科)において構成されており,各部門において専門の医師と専門の超音波検査士が協力の下,高いレベルの診療に貢献しております。また,超音波診断装置を用いた画像は,デジタル画像ファイリング・レポートシステムにより保存され,病院の電子カルテシステムと連結しているため,当センターのスタッフだけでなく,各科の専門医での検討にも用いられています。