臨床心理センター

活動内容・特色について

当センターは,臨床心理に関する診療および研究,総合的な教育,地域医療の充実と発展に貢献することを目的として2021年8月に設置されました。
精神科神経科の山田了士教授をセンター長として,現在,9名の公認心理師/臨床心理士が,主に精神科神経科,小児科,小児神経科,小児心身医療科,ジェンダーセンター(ジェンダークリニック)において,また,認知症疾患医療センター,てんかんセンター,運動器疼痛センター等と連携しながら,幼児からご高齢の方までの心理検査,心理面接に従事しています。精神科リエゾンチームでは,多職種と連携しながら,入院されている方の心のケアを担当しています。
当センターの心理師は,チーム医療の一員として,認知機能検査,発達・知能検査,性格検査,心理面接をとおして診療に役立つ情報を提供することが主な役割です。「こころの声」にも「からだの声」にもじっくり耳を傾け,お聴きし,「こころとからだ」のそして「患者様と医療」の架け橋となれるよう努めています。
心理検査・心理面接は,当院診療科を通しての予約制となっております。成人の方,入院中の方は,精神科神経科に,小児の方は,小児科,小児神経科,小児心身医療科に,まずはご相談ください。