渡航ワクチン外来(総合内科・総合診療科)

渡航ワクチン外来について

昨今の国際化に伴い,日本人の1割以上が海外を旅行する時代となりました。海外へ行くことはすなわち,普段の住み慣れた生活環境から,食事・水・生活様式に至るまで全ての要素が新しい環境へと身を置くことであり,旅行に関連した健康問題に直面する人は少なくありません。岡山大学病院総合内科・総合診療科の渡航ワクチン外来では,海外渡航前のワクチン接種・マラリア予防・各種健康問題への情報提供および対策を行うことで,海外渡航者が抱える医療・健康面での不安・問題点を解決することを支援いたします。
また日常的なインバウンド誘致の推進やマス・ギャザリング・イベント(東京オリンピックなどの国際スポーツイベント)により,主に海外で流行している感染性疾患が国内に持ち込まれるリスクが年々高まっています。こういった社会変化の中,渡航ワクチン外来では適切な情報提供をするとともに,帰国後の体調不良者への対応も行います。

診療内容

1.予防ワクチン接種
   A型肝炎・B型肝炎・破傷風・狂犬病など
2.マラリア予防
   予防投薬・防蚊対策など
3.旅程中に予測される健康問題への対策
   時差ボケ,エコノミークラス症候群など
4.特殊環境において発生する疾患への予防・対処
   高山病,潜水病など

診療体制

 土・日曜,祝日は病院休診のため,受診できません。
  • 診療日:毎週水曜日 午後(14時~16時)※完全予約制。担当医の状況により休診となる場合がありますので,受診前に必ず予約をとってください。​
  • 担当医:萩谷 英大 (感染症学会専門医,国際渡航医学会認定医 Certificate in Travel Health™)
 

渡航ワクチン外来を受診される方へ

受診当日に持参いただくもの

  • 事前問診票  (以下の項目よりダウンロードしてください)
  • 母子健康手帳(これまでのワクチン接種歴を正確に把握するため)
  • 予防接種手帳(母子手帳以外にワクチン接種歴が分かるものがあればご持参ください)
  • パスポート (氏名のローマ字表記を確認するために初回のみ持参)
  • 学生証   (岡山大学生には学生料金適応のために確認させていただきます)
  • 保険証

受診までの流れ

 1. 受診予約の取得
  ・以下の 《事前問診票》 をダウンロードしてください。
   事前問診票(Word)
  ・《事前問診票》に必要事項を記入していただき,メールアドレス(travel●okayama-u.ac.jp)に送ってください。
  ※メール送付時は、●を@に変換してください。
  ・担当医が内容を確認した後,記入された情報から事前に患者IDを作成させていただきます
  (岡山大学病院を受診されたことがある方は,そちらのIDを使用いたします)。
  ・後日,担当医よりメールで連絡させていただき,受診予約の取得・概算費用をお伝えします。

 2.受診日当日
  ・医師による渡航内容の確認をし,同意書にサインいただいた後に,ワクチン接種をします。
  ・次回の予約を確認した後に,会計を行い帰宅となります。
 

注意事項

  ・渡航ワクチン外来は自費診療での受診となります。
  ・渡航ワクチン外来を受診した際には,予防接種を受けなかったとしても初診料が発生しますので,あらかじめご了承ください。
  ・当外来では国内承認ワクチンのみを扱います。輸入(国内未承認)ワクチン接種をご希望の場合は,お近くのクリニックを
   ご紹介することになりますのでご了承ください。
  ・一般的に,複数回の接種が必要なワクチンが多く,ワクチン接種による有効な予防効果が発現するまでに,接種後約2~4週間程度必要ですので,
   旅行スケジュールを考慮して外来受診計画を立ててください。
 

費用

 
相談料:3,190円 ワクチン接種証明書料:5,500円
 

ワクチン接種に伴う副反応が出現した場合

国内承認ワクチンについては,予防接種健康被害救済制度が適応される可能性があります。
詳しくは,厚生労働省ホームぺージをご参照ください。

 

渡航後に発熱・体調不良がある場合

曜日にかかわらず,保険診療において総合内科・総合診療科の外来担当医師が対応いたします。