皮膚科

診療科長より

私たちは最後の砦病院の皮膚科として、すべての皮膚の病気、トラブルの診察をしています。すべての患者さんに最も適切な医療を提供できるよう、尽力いたします。

森実真

皮膚科長森実 真

対象疾患について

アトピー性皮膚炎,乾癬,皮膚腫瘍(悪性含む),皮膚感染症,脱毛症,白斑などの日常的皮膚疾患。メラノーマ,ヘルペスウイルス感染症,EBウイルス関連皮膚疾患の他,天疱瘡や先天性皮膚疾患など稀少皮膚疾患についても積極的に取り組んでいます。センチネルリンパ節生検にも対応できます。また,上記に加えて,皮膚や粘膜に症状のあらわれる疾患はすべて対象です。湿疹・皮膚炎群,角化症,水疱症,皮膚腫瘍(メラノーマを含む)の他,皮膚感染症やアレルギー性疾患,自己免疫性疾患,膠原病など皮膚だけではなく全身性の疾患にまで幅広く対応します。重症の熱傷についても高度救命救急センターと連携しながら診療しています。

診療内容と特色について

皮膚科は皮膚症状を手掛かりとして全身を診る診療科です。もちろん他科との連携も積極的に行います。外来では,皮膚疾患一般を診察する外来と,皮膚外科・皮膚腫瘍外来があります。一般皮膚科外来では,日常的皮膚疾患から,水疱症,膠原病,全身病まで皮膚に症状のある患者さん全般の診断,治療にあたります。膠原病,代謝病をはじめさまざまの全身性疾患で特徴的皮膚症状を呈しますので,それを最初の手掛かりとして全身的診断・治療を行っています。皮膚・皮下組織の重症感染症は顕著な全身症状を伴うものもありますが,このような場合も我々は積極的な治療を行っていて,我々の守備範囲です。皮膚外科外来では,しみ,あざなど美容上の問題も含め,手術治療を行っており,腋臭症などの治療もこの外来の担当です。また,皮膚・粘膜に生じた種々の良性,悪性腫瘍の手術的治療,熱傷,術後の経過観察も皮膚外 科班が積極的に担当しています。必要に応じ,形成外科と積極的に連携します。 どの外来を受診したらよいか不明の時は,皮膚科外来の医師にお気軽にご相談ください。

診療科より患者の皆さまへ

外来は月~金曜日の毎日,皮膚科専門医を中心に診療しています。
本院は,「特定機能病院」として承認されており,高度・先端医療を分かり易い説明を心がけて提供しております。特定機能病院として機能させるため,初診患者さんの外来受診には,原則,他の医療機関からの紹介状が必要となります。また,紹介状がない場合でも受診は可能ですが,予約を優先させていただき,初診料とは別に「選定療養費(初診時自己負担額)」として5,400円お支払いいただくことになりますのでご注意ください。
入院は主治医グループと病棟医長を中心に,回診やカンファレンスにて,病状や問題点を全員で討議した上で治療方針を決定しており,大学病院としての医療水準を保っております。