新医療研究開発センター

活動内容・特色について

新医療研究開発センターは,健康・医療イノベーション創出を戦略的に推進するための中央施設として,2010年に発足いたしました。当センターは岡山大学病院の基本理念である「高度な医療をやさしく患者さんに提供し,かつ優れた医療人を育成する」を実践するための組織であり,臨床研究・治験・橋渡し研究・医療機器創出を総括的に企画・推進しています。また,次世代に向けた新たな医療(再生医療,遺伝子治療,細胞治療,最新医療機器など)の開発から実用化までを継ぎ目なく支援しています。2017年3月には,これまでの実績が評価され,「橋渡し
研究支援拠点」に加えて,本院が医療法上の「臨床研究中核病院」として厚生労働省より認定されました。今後当
センターは,岡山大学病院の理念実現と患者さんの健康寿命の延伸に向けて,新しい治療薬,医療機器,再生医療
などの開発に力を注いでまいります。

岡山大学病院新医療研究開発センター組織図

岡山大学病院新医療研究開発センター組織図