感染制御部

活動内容・特色について

感染制御部は,患者さんとご家族を中心に当病院にかかわる全ての人々の医療関連感染の予防と対処に尽力しています。また,岡山県の中核として他施設の感染対策活動を支援しています。当部は感染制御部長のもと,医師,歯科医師,看護師,薬剤師,臨床検査技師,歯科衛生士,栄養士,事務職員など総勢約30名の専門職員により構成されています。
感染制御部は,問題となる微生物や医療行為に関連するハイリスク感染症の発生の把握と早期対応,各部署の感染対策の実施状況,抗菌薬の使用状況の監視などを行っています。また,コアメンバー会議(毎週開催),専門職員会議,リスクマネジャー会議(医療安全管理部と協力して毎月開催),院内感染予防対策委員会(診療科長会と連結して毎月開催)などを通して院内での情報共有と情報発信に努めています。

院内感染対策に関する基本的考え方・取り組みについてはこちらへ。