乳がん治療・再建センター

乳がん治療・再建センター

活動内容・特色について

乳がん治療・再建センターは総合的乳がん医療を行う,科学的根拠に基づいた診断治療を行う,整容性を求めた乳がん治療を行うため2008年5月設立されました。参加しているメンバーは乳腺外科,形成外科,精神科医,薬剤師,看護師,リハビリ,下着アドバイザーなど多職種にわたっており,乳がん診療に関わる専門家が連携してより高度な医療を提供するとともに,患者さんを多方面からサポートすることを目標にしております。特に手術においては,従来の乳房全摘術および乳房温存術に加えてさらに術後の乳房の整容性を高める目的での乳房再建術が行われるようになり,また薬物療法の進歩によって乳がんが万が一再発したとしても,病状を長く安定的に保つことができるようになりました。そのためには長い治療をうける患者さんをさまざまな面でサポートする専門家が必要となり,多様性をもったチーム医療が重要と考えています。