看護専門外来

設立趣旨

当院では外来看護機能の向上を図り,患者サービスを充実させるとともに病棟・外来・地域における看護の継続性を図ることを目的に看護専門外来を行っています。専門的な知識や技術,資格を持った専門看護師,認定看護師等が医師や他職種との連携を図りながら行います。

看護専門外来一覧

看護専門外来日割表

看護専門外来日割表ダウンロードPDF
※原則予約制です。料金については各専門外来にお問合せください。

専門外来一覧

造血細胞移植支援外来

造血細胞移植の移植前から移植後までサポートします。造血細胞移植後の感染予防について,日常生活や就労支援等で困っていること,悩んでいることや,慢性GVHDについてサポートします。また造血細胞移植を受ける予定のために,医師の説明に同席し,移植に関する疑問やご質問にお答えし,移植病棟のご案内をしてオリエンテーションを行います。
【場所】外来棟 耳鼻科外来(月)(木)

ストーマ外来

ストーマ外来

これからストーマ造設手術(人工肛門,人工膀胱)を受けられる方への説明や,手術をされた方への装具交換ケアの習得までの指導,装具の選択,皮膚トラブル時のケア,日常生活への支援を行っています。
【場所】外来棟2階 内科外科B療養支援室

糖尿病療養支援外来

糖尿病療養支援外来

インスリン等の自己注射や血糖自己測定に関する支援,食事や運動療法を含めた生活調整など,糖尿病をもった方がより良い生活がおくれるよう支援していきます。糖尿病療養支援に関する資格を持っている看護師が毎日行っています。フットケア外来とも連携しています。
【場所】外来棟2階 内科外科C療養支援室

フットケア外来

フットケア外来

爪の変形・爪が厚い・巻き爪・たこ・魚の目・水虫・自分で爪きりができない・・・などでお困りではありませんか?糖尿病内科医師の指導のもと,足の洗い方・爪の切り方・靴の選び方などのご相談に応じながら正しい足の処置とお手入れ方法をアドバイスします。足について気になることがある方はお気軽にご相談ください。
【場所】外来棟2階 内科外科C

臓器移植支援外来

臓器移植支援外来

移植コーディネーターが臓器移植に関しての相談を行っています。医師より臓器移植について治療の提示を受けられた方を対象に臓器移植の基本的なお話や,悩みを解決するお手伝いをしています。移植を受けられた方の相談も受け付けています。また,当院を受診されたことがない方でもお気軽にご相談ください。
【場所】各診療科外来

周術期管理センター 看護部門

周術期管理センター看護部門

周術期管理センターは当院で手術を受けられる患者の皆様を手術が決まった外来の時点からサポートする医療チームです。その中でも看護部門は手術前のお身体の状態を確認し,よりよい心身状態で手術に臨んでいただけるよう,手術や麻酔についての説明に加えて,手術後の経過や痛みへの対処方法についてパンフレットを用いて説明をしています。また,禁煙が必要な方には禁煙指導も行っています。
【場所】中央診療棟2階 周術期管理センター

腎代替療法指導外来

腎代替療法指導外来

腎不全で透析や移植が必要と言われとき,それは腎臓病治療の終わりではなく,腎不全の治療とともに新たに豊かな療養生活を送るための始まりの一歩です。自分に合った治療法を納得して選択できるよう一緒に考え,サポートさせていただきます。また,腹膜透析療法(CAPD)を始められた患者さんには,在宅での治療がスムーズに行えるよう看護師が自己管理方法や生活上のアドバイスを行います。
【場所】総合診療棟西3階 血液浄化療法部

リンパ浮腫外来

リンパ浮腫外来

リンパ浮腫の指導や治療が必要な方に,医師の指示のもと,医療リンパドレナージセラピストが一人一人に合わせた指導・施術を行います。ご本人やご家族が浮腫と上手につきあっていけるよう支援することを目指しています。
【場所】中央診療棟4階 形成外科外来

がん看護外来

がん看護外来

がん治療に関すること,病気や副作用によるつらい症状,不安や気持ちの落ち込み療養生活について,家族に対する気がかりなど,がんになったことで抱えておられる悩みについての相談をお受けしています。医師から説明されたけどよく分からなかったり,初めてのことばかりでどうしてよいか分からず一人で悩まれていませんか?専門教育を受けた看護師がお話を伺いながら,一番良い方法を一緒に考え,サポートさせていただきます。ご家族からの相談にも対応しております。お気軽にご相談ください。
【場所】各診療科外来外来棟4階 腫瘍センター

アピアランスサポート外来

アピアランスサポート外来

アピアランスケアとは「医学的・整容的・心理社会的支援を用いて,外見の変化を補完し,外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽軽減するケア」です。がんの薬物療法によって脱毛したり皮膚症状が出たりして外見が変化することによって,仕事をすることや外出することが辛く感じたり,他人との関わりを避けたくなったりすることがあります。そのようなときに,私達は,外見変化への対処を通じ,その苦痛を軽減できるよう支援していきます。ウィッグや化粧品などの使い方,皮膚・爪のケアの方法などのご相談などをお受けいたします。
【場所】外来棟4階 腫瘍センター