岡山大学病院の新型コロナウイルスへの取り組み

  • トップ
  • 岡山大学病院の新型コロナウイルスへの取り組み
岡山大学病院では,新型コロナウイルス感染症への対応をはじめ,新型コロナウイルス対策チームを中心に様々な感染拡大防止対策を行っています。
当院における取組を紹介します。
皆さんの不安や不便を少しでも解消できるよう,これからも取り組んでいきます。
 

新型コロナウイルス感染症への対応(診療含む)

■2021.02.10【プレスリリース】 岡山大学病院に「コロナ・アフターケア外来」を開設
 総合内科・総合診療科「コロナ・アフターケア外来」について

 【関連ニュース(山陽新聞 MEDICA)】
 ・2021.05.21 コロナ後遺症外来 大塚副院長に聞く 「個人差大きく継続観察する必要」 
 ・2021.02.28 コロナ後遺症外来開設 徳増助教に聞く 「複数の診療科連携し治療」 
 ・2021.02.11 岡山大病院にコロナ後遺症外来 不眠、脱毛、嗅覚異常などに対応

■宿泊療養施設入所者へのオンライン診察
 病院で治療を受けられない宿泊療養施設の患者の異変をいち早く察知する取り組みとして,2020年12月より,宿泊療養施設とオンラインで結んだ診察を救命救急科の医師が行っています。
 【関連ニュース(山陽新聞 MEDICA)】
 ・2021.01.26 宿泊療養施設でオンライン診療 岡山大病院 容体急変早期発見へ 

■新型コロナウイルス患者の一時待機施設へ,医師・看護師を派遣
 搬送先が決まらない新型コロナウイルス患者向けに,岡山県が2021年5月に設置した,患者の一時的な待機施設に,当院の医師と看護師を派遣しました。

 

新型コロナウイルス ワクチン接種に関する対応

■岡山市および岡山県が設置する集団接種会場へ,医師や看護師等を派遣
 ・岡山市が設置する集団接種会場に,2021年5月17日(月)~12月31日(金)の期間中,奇数週の火曜日に医師2名を派遣しています。
 ・医療従事者らを対象とした岡山県独自の集団接種会場(岡山県南部健康づくりセンター)に,2021年6月17日(木)~9月30日(木)の期間中,毎日,職員(医師3名,看護師等11名)を派遣します。

 【関連ニュース(山陽新聞 MEDICA)】
 ・http://medica.sanyonews.jp/article/20228


 

新型コロナウイルス感染症に関する研究

■毎週更新 岡山県の最新の感染状況と医療提供体制の分析

■2021.05.27【プレスリリース】 ウィルスの拡散防止する行動獲得のためのVR教育コンテンツの開発
 【関連ニュース(山陽新聞 MEDICA)】
 ・2021.05.27 ウイルス拡散 VRで疑似体験 岡山大大学院のグループ開発