お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 1月27日~2月7日「遺伝性がん当事者からの手紙」写真パネル展 開催のお知らせ

2019/10/31イベント

1月27日~2月7日「遺伝性がん当事者からの手紙」写真パネル展 開催のお知らせ

遺伝性の乳がんや卵巣がんの当事者でつくるNPO法人クラヴィスアルクス(東京)は,岡山県内や大阪,京都府などに住む患者さんによる写真パネル展「遺伝性がん当事者からの手紙」を2020年1月27日~2月7日,岡山大学病院医科外来診療棟1階で開催します。
パネル製作に取り組んでいるのは,クラヴィスアルクス中央西日本支部に所属する40~60代の女性7人と岡山大学病院臨床遺伝子診療科の医師,認定遺伝カウンセラーら。本人の写真とともに,治療経過を振り返ったり,家族への感謝の気持ちをつづったりした文章を1枚に収めて展示し,患者さん自身の思いや悩みを社会に発信します。パネルに使用する写真は,岡山大学医学部生でつくる鹿田写真部が撮影しました。

【日時】:2020年1月27日(月)~2月7日(金)
     常設展示/初日12:00から,最終日17:00まで
【展示場所】:岡山大学病院 医科外来診療棟1階
【問い合わせ】:TEL070-2652-2525
      〔メール〕info@geneticalliance.jp
      こちらもご覧ください。


四国4県で展示したパネル作品の一例